アダルトビデオ



アダルトビデオとは性的欲求を満足させる為に作られた映像作品(ビデオ・DVD等)の事である。
略称はAV(エーブイ)。性行為シーンの映像作品の為、現在日本では18歳未満の者の閲覧やレンタルなどは禁止されている。



アダルトビデオの歴史は古く、1960年代後半に遡る。各電器メーカーからビデオテープレコーダーが販売され始め、録画済のビデオの作成が映像各社で行われるようになった。その時に少数ながら海外や国内のポルノ・ピンク映画などがホテルなどに向けて販売、貸し出しが行われたのがルーツだと言われている。個人にもレンタルや販売が行われていたが、非常に高価だった為ほとんど一般人の手に渡ることはなかったと言われている。

その後ベーカムでの高画質の撮影を始めたアテナ映像の作品が爆発的ヒットを記録する。1980〜90年代になるとビデオデッキが一般家庭に普及しはじめ、レンタルビデオ屋も増加。同時に一般家庭にアダルトビデオが普及を始める。AV産業はこの時期にバブルを迎えたと言ってもいい。作品としても多くのジャンルが生まれ、多くの女優がデビューした黄金期である。

2000年から現在にかけては今現在は停滞期と言っても良い。ジャンルは細分化され、女優も新しい女優が続々登場し、内容に関しては全て出し尽くされた感がある。メディアに関しては大きな変化があり、ビデオテープから新たな規格、DVDへの移行が始まった。高画質で楽しめるようになったアダルトビデオ産業。値段自体も昔に比べるとだいぶ安くなっている。


アダルトビデオにおいて性器の露出、未成年の作品への出演などは法律で禁止されている。性器を露出している作品は主に裏ビデオと呼ばれ、普通の流通手段では手に入らない。昔は繁華街の路地裏や通販などでこっそり人目に付かないように販売されていた。裏物の販売は普通の流通ではない形で手に入る。
しかし、無修正のアダルトビデオを合法的に見れる方法が唯一ある。それはインターネットを経由したダウンロード方法である。世界中には性器露出に寛容な国が多くある(オランダ・アメリカ等)。その国のサーバーから日本へ向けて配信する事により無修正で見る事ができる。インターネットの法律に関してはサーバー設置国の法律が適用されるようになっており、日本ではその動画の閲覧を禁止する法律はない。



入り口へ戻る

Copyright (C) アダルトビデオ 研究所 All Rights Reserved.